読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

children’s dream

傾く月影 駆ける SNOW EXPRESS

LIVELIVELIVE‼︎とワンダーランド

こんばんは、みーたんです。



NEVERLANDが絶賛公演中なのに、今LIVELIVELIVE‼︎の話〜〜???なんて言わずに、折角読みに来ていただいたのだから、まぁ、読んでいってください笑。


皆さんはLIVELIVELIVE‼︎参戦or視聴済みですか?ワンダーランドと言う曲を知っていますか?NEVERLAND(アルバム初回限定盤)のDVDで、てごちゃんがNEVERLANDをワンダーランドと言い間違えていたので、曲を聴いたことはなくても、タイトルを聞いたことくらいはあるのではないでしょうか???
私のフォロワーさんには数名この曲の大ファンがおり、話題にのぼるたびに、私の大好きなLIVELIVELIVEから6年経ってもこのコンサートの、この曲の感動は冷めやらぬのだな……と、じんわりと胸が熱くなります。



今からおよそ6年半前のLIVELIVELIVEの大阪初日、私は京セラドームのスタンド中腹の真正面あたりでこのコンサートに参加しました。
それはもう、これから当分こんな真正面でコンサート見ることはないだろう、というくらいの真正面でした。。
是非DVDで観て欲しいので詳しいことは省きますが、コンサート中盤のスノエク〜ワンダーランドの流れが秀逸で、後ろの巨大風船の装置がせり出て来ているのを、自担に見惚れており気にも留めていなかったのですが、大サビに向かいステージ裏にメンバーがはけたあとで、気球が大サビで浮かび上がる仕掛けに息を飲みました。(ドーム会場で気球を使った演出をしたのはジャニーズではNEWSが初めてだったのかな?)
LIVELIVELIVEは全7公演、ありとあらゆる席から観ましたが、一番最初があの席で、真正面で良かったなぁと後々改めて思いました。。
東京ドームの外野席、それこそステージ脇が見える席からメンバー(しげと亮ちゃんとてごちゃん)が気球に乗り込むのを眺めたこともありました。笑
これが6人で最後のコンサートだとも思わず、幸せで楽しい時間を夢をNEWSから貰っていました。



思えば、初めてあの気球が浮かび上がるのを見た時に、NEWSが初めて東京ドームでコンサートをして、まっすーがOPのweeeekのポップアップで飛び上がって出て来た時に泣いていたのを私は思い出しました。
NEWSは、意外かもしれませんが、メジャーデビューしてから東京ドームに立つまでは3年8ヶ月ほど掛かっています。(インディーズデビューからは4年2ヶ月ほど)
ジャニとしては遅いほうだけど、NEWSがこうやってゆっくりと、一つ一つ、夢を叶えていくのを、私は星を見上げるように見上げていられたらいい。同じように、NEWSにも星空のように見守られていたいと思っていたから、NEWSがどんどん夢を叶えて、遠くなっていくのが私はとても嬉しかった。……嬉しかった、んです。



以後のことは、皆様知ってのとおりかと思うので書きませんが、等身大のマイペースな彼等が、強気に強引に自分の道を切り開いてワンダーランドを目指す「LIVE」、鍵職人で夢先案内人(?)の彼等がNEVERLANDに私たちを誘い、最後にそっと背中を押して現実世界に引き戻してくれる「NEVERLAND」、対照的だけどどこか通じるところがあって面白いので、まだアルバムを聴いたことがない、コンサートDVDを観たことがない、なんて方がいらっしゃったら是非観ていただきたいな、と思います。



もう、入院中で身も心もどん底の時に、WALKMANでスノエクを聴いて、もうNEWSは二度とあのステージに立てないんだ、と思って泣くようなことはないんだと信じています。
東京ドームでNEWSを見る度に何度でも思って来たし、これからだって何度でも思うに決まってる、
「NEWSには東京ドームが最高に似合ってるよ!!!」



私とNEWS。

前回書きましたとおり、滝翼沼から一転して小山沼に落ち(とはいえ、2012年の滝翼10周年までは掛け持ちという形で滝翼ファンも続けていました)、それから彼のいるNEWSを必死で勉強しようと、「小山慶一郎」でヤフー検索をかけたり(これは、クロサギを見る前の気になり始めた直後からしていた記憶があります……前の会社(2006年2月末にて退社)にいた時から……)、動画サイトで彼らの姿を視聴したり、滝翼で出来たお友達から少クラ、彼らの出ていた番組などを焼いてもらったり、販売物を必死で買い揃えたりしました。 販売物はまだ少ないから、すんなり買い揃えられるかと思いきや、サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイまでは枚数限定生産であり、サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイとtouch通常、NEWSニッポン0304はショップで普通に購入出来ましたが、それ以外は既に普通には手に入らなかったという……どうしても欲しかったので、必死に中古等で探しましたが。。

それでも、「活動休止」という状況も相まってか、「NEWS」というグループの実態がイマイチ掴めなく……どんなグループなのか、理解しにくかった。 小山さん以外に興味を持つことが難しく、誰と一番仲が良いの?加藤くん?へぇ……と思うのみだったし、誰と交流があるの?伝言板を見てれば分かる?……といった感じに、グループでの活動をリアルタイムで見ることが出来ないことはとにかく大きかった。 あとから知ったことですが当時は彼らも「グループ名が今は出せない」という事情なんて口には出来なかったから、休止中に個人活動していく上でグループ名が彼らの口から出て来ないこと、それが結構大きなことだったのだな、と今となっては思います。

グループでの活動をリアルタイムで見ることが出来ないこと、ネットで書かれていることや噂話……音源や映像に残っている彼らの姿を信じるには、好きになってからがごく短いし、言葉も何もかもが当時の私には足りなかった。 滝翼もNEWSも、周りに教えてくれる人がおらず、イチからジャニオタを始めたので、特にNEWSはぼっちの時が長かったので、心細かったけど、迷った時にはメンバーを信じよう、という分別くらいはつきましたが。

ただ、メンバーの名前はラジオやwebの連載等で躊躇いなく口にしていたし、何より顔や喋り口調にそれほど悲壮感が出ていなかったので、山下さんの「解散とかねぇからな!!!」の言葉をそのまま信じていられることが出来ました。 何かイベントごとがあったら即対応出来るように、You&Jには即入会しました。

そんな中で、活動休止の最初の日が小山さんのお誕生日で。 去年の大阪でのお誕生日公演で、涙を流して喜んでいた彼の姿を思えば、これほど辛いことはなかったんだろうな……と思います。 前日の仙台での休止前コンの移動車の中で、小山さんがメン愛書いて寝て、留守録に「誕生日おめでとう、錦戸亮でした」って入れた錦戸さんを小山さんの次に好きになりました。

NEWSがどんなグループか、という話になりますが、私のイメージではまさに、大谷さんの言うとおり、

「NEWSの本質は物語性ではなくファンタジーにある」

これに尽きます。 初めてNEWSのコンサートに行ったのが、復活コン(ネバエン)になりますが。

SNOW EXPRESSを歌うNEWSを見て、綺麗めな衣装を着て、綺麗な歌声で季節感漂わせる切ない王道な曲を歌っている、なのにどこかファンタジー…… しげてごはまだ当時10代で、最年長の小山さんが22歳、この歳でこんな深みを持たせた雰囲気が出せるんだ?!と。 こんな雰囲気を持った曲は彼らにしか、NEWSにしか歌えないと直感で感じました。 彼らの醸し出す、ファンタジーなのに季節の空気感がちゃんとする雰囲気が好きだ、と心の底から思いました。 そこからはもう止まりませんでした。

完全に余談ですが、私がNEWSを初めて生で見たのは、翼くん目当てに行った05-06のカウコンでした。 ムビステが私のいたブロックの真上を何回か通り、バレーデビューグループメドレーの時に、録画を確認したらNEWSが通っていましたが、なーーーんにも覚えていません…… 得てしてそんなものか、と。。 必死にその時はまだ興味のなかった人達の足の裏を思い出したものです (懐かしいですね、足の裏。笑)

私にとってはたまたま好きになった人がNEWSというグループに所属しており、好きになったグループがNEWSだったっていうだけの話でした。 なので、物語性からNEWSを好きになった方の話は最初ピンと来ませんでしたが、去年から鍵を開けて自分の世界を広げ、色んな人の好きになるキッカケを拝見させていただき、それはとても様々で面白いし、好きになるキッカケが色々あるって素敵ですよね。

今のNEWSも大好きだけど、若くてキラキラしてて、不器用で少し物悲しい6人時代のNEWS、大好きでした。

私とコヤマケイイチロウ。

ツイッター歴は前のアカウント(0号室のしげしげのツイートを見るために登録しました)含めそこそこ長いのですが、ずっと鍵垢で引き篭もっており、完全に鍵を開けたのは去年からなので……はじめましての方ははじめまして。

こんにちは、みーたん(みらい)です。鍵垢で好き勝手呟いていた時に比べフォロワーさんも随分増え、たくさんの方につぶやきを見てもらえていると実感することも多くなり、あんまり脳内ポエムを垂れ流すのもと思うことも増えたので……自己紹介代わりになるブログでも置いてみようかな、とふと思いまして。
ツイッターでは長くて書ききれないことや、TLに垂れ流すのどうなのこれはwwwwと思うような心の叫びなどはこちらに書き散らしに来ようかなと思います。
 
 
 
自己紹介代わりなので、私とNEWSが出会うきっかけとなった小山さんとの出会いのお話を。
当時(10年半以上前)(だいたい2005年半ば〜NEWS活動休止前の2006年4月頃)の記憶を洗い出しながら書きます。
雑誌がソースのものは全て手元にございます。
語彙力はないので、面白さは求めないでください。。
 
 
 
 
2005年半ば、友達がカラオケで歌っていた仮面のPVの今井翼に一目惚れしまして。
それまで好きだった某テニス漫画から突如として滝翼の沼に転げ落ち、それまでジャニーズはKinKiさんしか好きではなく(曲と、剛くん版ドラマ金田一少年、あと人間・失格が好き、程度で特にファンだったというわけではない……)、むしろジャニはアンチという勢いだったので、某幽白の仙水忍の如く、分かりやすいくらい極端から極端へ走りました。
雑誌は5誌とも毎月購入し、デビューしてからのDVD、CDで手に入るものは全て手元に揃えました。まだ販売物は少ないので簡単でしたが。
その間、翼のソロコンに行きたくて滝翼のファンクラブに入会し、やってきた会員証&会報に滝翼出雲魂の案内も同封されており、記念すべき初ジャニコンが出雲魂になったり、カウコンってあれ?毎年テレビでやってる?行きたいけど倍率高いだろうし、当たったら儲けもんだなぁくらいの思いで申し込み、それが当たって初カウコンなど色々ありましたが、ここは省きます。。笑
 
 
2006年の1月末頃、とあるジャニのグループがネットニュースをちょっと騒がせました。
「何々またNEWS?」くらいの感じで、この時には特に何も思わず、3へぇ以外の何物でもなかった。
ただ、メンバーが各々で雑誌に載り出してから、何故か私はそのグループのある1人のメンバーの記事を真面目に読むようになった。
それが小山さんでした。
その中で、特に目にとまった明星の1つの記事。
 
 
明大生か、へ〜〜……などと物珍しく眺めていました(それまで、ジャニで大学生は翔くんしか知らなかった)
今でこそ、パンプアップした肉体にサイズに合うスーツを選んで貰っているけれど、茶髪にチャラポーズ、スーツもちょっぴりぶかぶかでまだスーツに着られているという感じ。
そして何より
 
 
「趣味:いやされツアー(温泉など)」
 
 
……いやされツアー???
 
 
ただの旅行ではなく、いやされツアー???
 
 
言い回しが可愛い。
 
 
 
そして、山下さんが主演をしたクロサギの二話に小山さんがゲスト出演すると聞きつけた私はもちろん視聴しました。
智(小山さん)がフェンスにしがみついて「黒崎ぃーーー!!!」と叫ぶシーンで分かりやすいくらい落ちて行きました……そう、沼に。。
 
 
 
私はそれまで滝翼のために購入していた雑誌の、小山さんの記事を全てくまなく読み返しました。
特に可愛いと思ったのが、Ns'あおいでタケシ役を演じていた時の明星の特集記事のこの一文↓
 
 
「僕もさとみちゃんもドーナツが大好きなんですよ。僕の場合、現場に入るときにはあいさつの前に横目でチラッと差し入れを確認して、ドーナツだと『おはよーございまーす!!』って、いつもより大きな声が出ちゃいますね。」
 
 
可愛い。
ただただ可愛い。
 
 
元々、甘いものが好きな男の人は好きだけど、茶髪でチャラそうで、でも決して下品な感じがしない。
素直そうで実直そうな可愛い面の見える、こんな男の子がジャニーズにいたことが当時の私には衝撃だった。
 
 
それまで、エイトさんが好きやねんでテレビに出ては視聴し、V6さんのガコイコ10周年旅行に感動し、滝翼のバックのカツンを探しては騒ぎ、順調に事務所担への道を歩んでおりましたが、「エイトやカツンにハマってもNEWSにハマることはないな〜〜www」などと抜かしていた私。
またまた、極端から極端へ走りました。